09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11
 

武蔵野日記帳

トレインビジョンの再現や、作り方の紹介、鉄道音の収録をしています...

南越谷駅 ATOS連動同様の表示 

今回は、南越谷駅のATOS連動表示と同様の表示について詳しく取り上げようと思います。
以前の記事はこちらから。
http://musashinonikkityo.blog6.fc2.com/blog-entry-152.html

最近、検索サイトから「南越谷 ATOS」で検索されて当ブログで訪れている方が増えています。
なので今回は、南越谷駅のATOS関連について取り上げたいと思います。

ATOSとは、Autonomous decentralized Transport Operation control Systemの略で、「東京圏輸送管理システム」とも呼ばれます。
ポイントや信号を管理し、それと連動して駅の表示や放送の制御をしています。
放送や表示をATOSと捉える方が多くいますが、これは誤解です。
※当ブログでも「ATOS表示」などといった誤解を招く記述が多かったので、最近修正しています。

で、武蔵野線には2011年秋ごろの導入が予定されています。
2012年1月を切り替え予定としているようです。

南越谷駅では電光掲示板のATOS連動表示と同様の表示に切り替わっています。
IMG_1762.jpg

現在の制御は、PRCと呼ばれるもので、以下のような表示です。
IMG_1782.jpg
フォントや色の違いが分かると思います。

ただし、種別と時刻の間が結構あいているんですよね。改良してほしいものです。
種別と時刻の間が空いているのは、従来の表示を無理矢理ATOS連動表示同様のフォントに切り替えていることで生じたものと思います。
IMG_1773.jpg

こちらは英語表示です。
IMG_1774.jpg
以前よりは見やすいように思います。

………………
IMG_1777.jpg
ピントが別のところにあっていますが(キニシナイ!)、列車接近は「電車がまいります」です。

快速表示です。
IMG_1778.jpg
元々、種別部分は3マスなので、各駅停車は3マス分に圧縮して表示されます。
この辺は、他のATOS路線と変わりませんね。
でも、快速が緑色なのは、なんか変な感じです。

前述の通り、管理はポイントや信号ですが、音鉄にとって一番のメインは「放送」です。
よく駅で
「7点チャイム/まもなく/1番線に/快速/東京行きが/まいります。/危ないですから、黄色い線まで、お下がりください。」
という放送を聞くことがありますよね?
これは、ATOS連動放送の特徴です。


今後の南越谷駅の変動は、目が離せなくなりそうです。
定期的に、行ってくるようにします。


2011/8/17 1:50 一部内容修正、書き換え
関連記事
mixiチェック
ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキングに参加しています。

カテゴリ: 撮影記録

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://musashinonikkityo.blog6.fc2.com/tb.php/166-314562e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

武蔵野日記帳へようこそ!

Twitter

WEBサイト「武蔵野の部屋」

リンク

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索