06// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //08
 

武蔵野日記帳

トレインビジョンの再現や、作り方の紹介、鉄道音の収録をしています...

さよなら四季彩号 

今日は、さよなら四季彩号を撮影してきました。
撮影したというより、乗車してきました。

昨日「画像が消えた」と言いましたが、今日確認したら本体に記録されていました。


それでは、今日の四季彩号についてです。
まず、立川駅4番線に入線
ちょっと、フラッシュ撮影者が多かったように思います。

車内には、四季彩の写真や四季彩ストーリーが貼られていました。
DSCN2145.jpg

こういったものを作って(買って)、飾っている方もいました。
DSCN2146.jpg

最初にドアが開いたのは、宮ノ平でした。
宮ノ平でほとんどの人は撮影
DSCN2163.jpg

別角度
DSCN2170.jpg

E233系との並び
DSCN2171.jpg

宮ノ平駅は駅舎を作るようですから、たとえ四季彩がいたとしても、この景色は数年後には見れなくなるでしょう。

御嶽駅の看板とバックに四季彩
DSCN2182.jpg

さよなら四季彩弁当も、おいしく頂きました。
DSCN2186.jpg

奥多摩駅に到着
13時10分頃からセレモニーが始まりました。
DSCN2194.jpg

この混みようでは、セレモニーの撮影は厳しいです。
DSCN2208.jpg

金色の球状のもの(名前忘れました)が割られ、リボンと≪さよなら「四季彩」≫と書かれたものが出てきました。
割られると太鼓の音が聞こえました。さすが、セレモニーといった感じです。
DSCN2211.jpg


ついに、後半になりました。
青梅線内では、本当に「ラストラン」です。四季彩がこの場所を通ることは二度とないと思いながら乗っていました。
運転士さんも各駅各駅警笛を鳴らしていきました。

古里駅で「宮ノ平~青梅の間で線路内人立入」の案内がありました。
多分、山根踏切とかで鉄オタが誤って足を入れてしまった、とかでしょう。
この古里の停車中に、古里の駅員さんに集合写真撮影を依頼している方もいました。

本来、線路内人立入がなければ、御嶽などでドアを開けてくれたのだと思いますが、遅れていたので、停車したあとすぐに発車となりました。

青梅駅にほぼ定刻で到着
団体 立川行と表示されていました。
DSCN2222.jpg

ついに、青梅の山線から出ていきました。
途中、中神か東中神で対向列車に破られてしまうところでしたが、運転士さんは優しいですね。
わざと速度を落とし、撮影出来るようにしていました。

そして、西立川駅からは、青梅短絡線を普段と逆の向きで走行していくことになります。

そして、立川駅に到着
撮影者がすごくいます。
DSCN2234.jpg

反対側からも撮影
DSCN2238.jpg


そして7月23日、この四季彩は廃車回送となります。
関連記事
mixiチェック
ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキングに参加しています。

カテゴリ: 撮影記録

page top

コメント

遂に・・・

遂に、四季彩さよなら運転したのですか・・・
福島にいたので、乗る機会が全くなかったので、今更乗っておけば良かったと後悔する始末です・・・。
「後悔先に立たず」まさにその通りでした。
今となってはもう、写真の世界でしか四季彩は見れないのでしょうか?

鉄研の親父 #18fLOpYE | URL
2009/07/22 22:41 [edit]

>>鉄研の親父さん

まだ、明日がありますよ。

明日の廃回は、どうも回9941Mの遅スジ(豊田11:40)であるようなので、それを撮影してみるのもよいかもしれません。

※確実に回9941Mの遅スジであるとは断言できません。

MusashinoLine(管理人) #JeFCDv3g | URL
2009/07/22 22:54 [edit]

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://musashinonikkityo.blog6.fc2.com/tb.php/68-813e334a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

武蔵野日記帳へようこそ!

Twitter

WEBサイト「武蔵野の部屋」

リンク

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索