07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09
 

武蔵野日記帳

トレインビジョンの再現や、作り方の紹介、鉄道音の収録をしています...

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
mixiチェック
ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキングに参加しています。

カテゴリ: スポンサー広告

comment -- | trackback -- | edit

page top

トレインビジョン再現方法(作り方) 【トレース編その3】 

お待たせいたしました!!
トレインビジョン再現で、よく用いられている「トレース」、この記事ではPaint.NET(+AviUtl)を用いて、トレースにより再現していく方法をご紹介していきます。
※この記事はトレインビジョン再現方法(作り方) 【トレース編】の続編です。最初からお読みになる方はコチラ

では早速説明に入る…のですが、今回の記事は、非常に駆け足となっております。ですので、わからない点がありましたら、コメントにてお知らせください。。

まずPaint.NETで、トレインビジョンをトレースしたpdnファイルを開きます。
開いた後、ファイル→名前を付けて保存で、PNG形式で保存してください。

事前準備を終え、AviUtlを立ち上げます。
train-vision78.jpg
拡張編集プラグインもしっかりインストールします。

画像サイズは、1280×720にします。
実際のところ、再現する車両によっては、1280×768だったり、1024×768だったりします。
train-vision79.jpg
その他の設定は上の通りに。

先ほど保存したPNG画像をD&Dして、読み込みます。
train-vision81.jpg
こんな感じになってしまいますので、拡大率を66.6%にしてみてください。


さて、画像の通り、テキストオブジェクトを追加します。
train-vision82.jpg

フォントやサイズを合わせて、画像とテキストを重ねていきます!
train-vision83.jpg

種別の「Tama Express」は、拡大率を追加して、潰します。
train-vision84.jpg


下部の駅名表示は、「縦書 上寄」か「縦書 下寄」を選択すると、後々便利です。
そしてコピー&ペーストで増やし、一番左と一番右だけ配置しておきます。

さて、ここで むさドリ式ならではの、計算です!
まず、一番左の駅名のx座標を調べます。今回は-454でした。
train-vision85.jpg
そして、一番右の駅名のx座標を調べます。
これは、519という値になりました。

この2点間の距離は(519)-(-454)=973です。これを間の数で割って、
973÷(8-1)=139
というわけで、一つ一つの駅名間の距離は139になりました! 通常は割り切れないと思いますので、適度に四捨五入してみてください。
さて、出てきた値を、一つ隣の駅名のx座標に足していきます。
-454+139=-315、-315+139=-176、…という具合に、一番右までやっていきます。

この状態で、一度上書き保存します。

その後、Paint.NETで元のpndファイルを開き、AviUtlで書き込み済の文字レイヤーを非表示にし、再びPNG形式で保存します。元々保存されていたファイル名で上書きします。
保存後、AviUtlの方も上書き保存されていることを確認し、一度AviUtlを消して、再び起動します。
train-vision88.jpg
こんな感じになりましたでしょうか?

続いて、停車駅の■を作っていきます。
メディアオブジェクト→図形 で、「円」を「四角形」にします。縦横比やサイズを変更します。
さらに設定画面を右クリックして、グラデーションを追加
train-vision89.jpg
開始色と終了色を選択することで、埼京線タイプの停車駅表示を簡単に製作することができます。
真ん中でグラデーションが途切れているタイプを再現したい場合は、前回の記事の種別表示の作り方を参考にしてみてください。

まぁこれでも、それらしくはなったと思います^^
train-vision90.jpg

縦に長い駅名は、「アニメーション効果→簡易変形」を使う手もありますが、こんな風に「拡大率」で潰すこともできます。
train-vision91.jpg

下部のナンバ
リングも、このように座標で指定してやると、レイヤー数を少なく抑えられます。
train-vision92.jpg

とりあえず、こんな感じになりました!
train-vision93.jpg

今回の記事ではここまで!
あとは、乗り換え路線を追加してみたり、フォントを実物と同じものに変えてみたりすると、より実物のようになりますね。
たいぶ駆け足になりましたが、これにて「トレインビジョン再現方法(作り方) 【トレース編】」を終講といたします。お疲れ様でした。
この記事を参考に、トレインビジョン再現を楽しんでもらえたら嬉しいです。

ではまた!!!
関連記事
mixiチェック
ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキングに参加しています。

カテゴリ: トレインビジョン

page top

コメント

はじめまして。

はじめまして。
お聞きしたいことがあるのですが宜しいでしょうか。
AviUtlを立ち上げても拡張編集プラグインが表示されないのですが、どうすればいいのか教えて頂けないでしょうか?
お返事お待ちしております。

yurakuseibu.722 #- | URL
2015/01/21 21:20 [edit]

>>yurakuseibu.722 さん
はじめまして。
拡張プラグインがインストールされていない可能性があります。
以下の動画を参考にして、拡張編集プラグインをインストールしてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=bCp9mrbRRJc

もし既にインストールされているようであれば、メニューバーの「設定→拡張編集の設定」を押すことで、「拡張編集」ウインドウが表示されます。

ではでは!

MusashinoDream #n4waDJkM | URL
2015/01/25 19:26 [edit]

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://musashinonikkityo.blog6.fc2.com/tb.php/909-2a99ce04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

武蔵野日記帳へようこそ!

Twitter

WEBサイト「武蔵野の部屋」

リンク

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。